カラコンの色素についての色々な危険性

カラコンの色素については、色々な危険性が指摘されています。

金属アレルギーがある人は、要注意ですよ。

なぜかと言いますと、カラコンの色素には、金属系の物質「金属酸化物質系着色」を含むものが多いと言う事です。

見た目では金属が含まれているとは分からないので、金属アレルギーの人が知らないでカラコンを装着していて、アレルギー症状を起こすケースもあります。

サンドイッチ構造(レンズの間に色素がある)で、色素が目に触れる事がないから大丈夫!と思っていたとしても、色素が漏れ出てしまう可能性もあるので注意は必要です。

 

カラーコンタクトの色素に含まれる金属

カラコンの色素に多く含まれている金属物質は、酸化鉄、酸化チタンなどの金属酸化物です。

カラーコンタクトを見て、「色の付いた所に金属が入っている」なんて、まず誰も思いませんよね。

しかし、この金属物質は多くの有名なカラコンメーカーでも使用されている、カラコンではごく一般の事なのです。

なので、金属アレルギーがきつい方は、カラコン選びは慎重にしてください。

基本的に、カラ−コンタクトの色素の部分は目に触れる事のないようにレンズで内包しますが、レンズの劣化などにより漏れ出してくる事や粗悪品もあります。

金属アレルギーがある場合は、金属系物質を含んでいるカラコンは使わないほうが良いでしょう。

また、金属には色んな種類があるので、アクセサリーは平気であっても、カラコンを付けるとアレルギー反応を起こす事もあります。

充血やかゆみ、違和感の症状が出てきたら、カラコンを使用中止し、眼科で受診してください。

 

 

 

こすり洗いで色素が漏れだす?

カラーコンタクトの色素の露出は、1day以外のレンズのケアの際の“こすり洗い”によって悪化してしまう事もあります。

レンズの劣化などにより、色素部分がレンズ表面に露出してしまって、外した時のこすり洗いで、その範囲が増大してしまう可能性もあります。

実際に、レンズ両面を洗浄液でこすり洗いするケアを10回繰り返してみると、一部のレンズには色素の脱落が認められました。

色素がこすり洗いで落ちるということは、表面に色素が出てしまうということです。

もちろんこすり洗いは必要なので、「こすらない」「ケアしない」はやめてくださいね。

“こすり洗い”で色素が露出する原因は、もともとのレンズの品質や、劣化が原因だといえます。

カラーコンタクト購入時は品質の良いものを選んで、使用期限は必ず守りましょう!

カラコン通販 カラフルアイズ