簡単はねあげクリップオンサングラス

簡単はねあげクリップオンサングラス

今ご愛用されているメガネの上から簡単にしかもワンタッチでセットできる優れもの。

わざわざサングラスに掛け換えるわずらわしさもありません!

ご使用されるシーンでのオススメはドライブシーンです。

運転中は路面からの照り返しや対向車からのギラツキやビルの窓に反射して入ってくる光など色々な角度から光が入ってきます。

私も度付きサングラスを持っていますが、眩しいときは快適なのですがトンネルなど急に暗いところに入ると運転も怖いです。サングラスではないメガネに掛け換える時間もないですものね。

クリップオンサングラスは今ご愛用(使い慣れた度数)のメガネを使うことが出来、なおかつ眩しさを感じないときには跳ね上げて使うことが出来ます。

他に、釣り(水面のギラツキを押さえる)やゴルフ(芝の反射を抑えて見やすくする)スキー、スノボなどにも偏光レンズはオススメです。

跳ね上げですから親指でレンズを上げるだけ。度入り変更サングラスを作る前のビギナー偏光に。ソフトの収納サック(ケース)もついています。

自動車や自転車の運転はもちろんフィッシングや登山、ジョギング時などまぶしさギラつきを効果的にカットしアウトドアの様々なシーンで大活躍します!

紫外線カット偏光機能がついています。

愛眼通販カラフルアイズショップのクリップオンサングラスサイトは、こちら

偏光レンズ機能とは

偏光レンズとは乱反射する光をカットする特殊レンズです。

誰もが一度くらいは、雪面、水面、路面などを前に感じる視界のギラツキやにじみ、眩しさを感じたことはございませんか?ギラツキとはいわゆる自然光の乱反射が瞳に入ることによって引き起こされ(感じ)ます。

自然の光は地表に跳ね返ったりして光の散乱が起きます。散乱(乱反射)をおこした自然の光は、いろんな角度から瞳に入っていき真っ直ぐ入ってくる自然光線よりも何倍も眩しさを感じるそうです。

そこでレンズの間に偏光膜という特殊なフイルムを挟み込み、視界を妨げる眩しい乱反射の光をカットしクリアな視界を保ちます。

スポルディングクリップオンサングラス

偏光レンズをお買い求めいただく時のスペック(規格)の見方は…

まず偏光レンズなので偏光度とは、主に上下の乱反射光をカットする割合を指します。

偏光度が高いと(100%に近くなればなるほど)性能が高いといえます。クリップオンの偏光度は99%ですのでかなりの高性能ですね。

可視光線透過率

次に可視光線透過率ですが可視光線とは、太陽やそのほか照明機具などから発せられる人の目の網膜にある視細胞の錐状細胞で見える(認識できる)光の事を指します。通常は、様々な波長の可視光線が混ざった状態であり、短い波長から言いますと紫色、青紫色、青色、青緑色、緑色、黄緑色、黄色、橙色(だいだい)、赤色で、いわゆる虹の7色を指します。

可視光線透過率は可視光線をカットする割合を指します。可視光線透過率が低いほどレンズの色は濃くなり眩しさを抑えるサングラスとしての効果は高くなります。参考にしてみてください。

紫外線(UV)カット率

最後は紫外線(UV)カット率について

紫外線とは大きく分けて3つあります。UV-A(波長 315~400nm)といわれる大気圏で殆ど吸収されずに地表に達します。UV-Aを浴びすぎると肌深部の真皮層に到達してメラニン色素の増加により皮膚が黒くなる作用を引き起こします。UV-B(波長 280~315nm)はオゾン層の増減により、地表に達する量が変動します。しかし作用はUV-Aの1,000で肌の表皮の層に作用して日焼けなどを引き起こし、これもまた色素沈着を促進させる。

UV-C(波長 200~280nm)はオゾン層によりほぼ吸収されてしまうため、地上には殆ど到達しませんが最も危険な光線と呼ばれています。

これは名前そのままで紫外線(UV)UV-AとBをカットする率で数値が高ければ高いほど性能がいいといえます。

クリップオンサングラスは今ご愛用(使い慣れた度数)のメガネを使うことが出来、なおかつ眩しさを感じないときには跳ね上げて使うことが出来ます。

 

度付きの偏光サングラスをお作りになられる前に是非ともご使用いただきたい商品です。

*ご使用方法は 真ん中の鼻の部分をつまんで開けレンズに傷をつけないようにそーっと装着します。

(レンズにあたる部分はクッションがついてます。)

脱着時も同じく真ん中の鼻の部分をつまみ、ゆっくりと外してくださいね。

(あまり乱暴に取り扱うとご愛用のメガネレンズを傷めることになります。)

 

愛眼通販カラフルアイズショップのクリップオンサングラスサイトは、こちら